Brocante(蚤の市) エクサンプロヴァンス

【2020年最新版】エクス=アン=プロヴァンス(エクサンプロヴァンス)の月に一度行われる蚤の市へ行ってきました

2019-10-14




本日、エクサンプロヴァンス(エクス)で月に一度(1月と12月除く)に開かれている蚤の市へ行ってきました。

蚤の市についての説明は以前書いたこちらをもし良ければ、ご覧になられてみてください。

この蚤の市、毎月第1日曜日、などと規則的に行われるわけでなく、チラシや市のホームページ上に予め決められた日程が載っているので、それを頼りにいつも行ってます。
例えば、2019年ですと、下の写真に出ていますように日付が以下のようにすでに決まっています。

場所はCours Mirabeauというエクスの中心地で行われています。

12月はこの同じ場所でクリスマスマーケットが行われているので蚤の市が行われないのだと思います。

エクサンプロヴァンスは蚤の市が割と多く開かれている都市で、この月に一度のものの他にも、火曜日・木曜日・土曜日にもとても規模が小さいですが、ほぼ同じ場所で蚤の市が開かれています。
それについての詳細はこちらもご覧ください

【2020年最新版】南仏の美しい街エクス=アン=プロヴァンス(エクサンプロヴァンス)で週に3度行われる蚤の市(アンティーク市)について

私の住むエクス=アン=プロヴァンス(エクサンプロヴァンス、エクス)では週に数回、Fontaine de la Rotonde(噴水・ロトンド)と言う大きい噴水のそばで蚤の市が開かれています。 エクスで ...

今回紹介させていただいている蚤の市は、だいたい50店舗ほどのテントが毎回並び、基本的にプロの方が販売している蚤の市です。
古いお皿はもちろん、家具、本、カーペット、絵画、キッチン用品などたくさんの種類のものが販売されています。

特に南仏だから、この商品に特化して販売しているというわけではありませんが、いろいろなものがバランスよく販売されている感じです。

店主の方たちは海外からの観光客への接客にとてもなれており、わたしも1人で行くと大体はじめは英語で話しかけられます。
話しかけやすく、とても親切な方ばかりで安心してお買い物できると思います。

ただ、場所柄か、エクスは南仏の中でもとても上品で少し高級なイメージもあるためか、若干、他の蚤の市に比べ高めです。
カルパントラの蚤の市にもよく行きますが、そちらと比較すると価格の違いがよくわかります。

しかし、品揃えは決して悪くなく、蚤の市のためだけにカルパントラに行くのであれば、その交通費と時間も結構かかりますので、エクスの蚤の市で宝探しをするのも悪くないかなと思っています。

カルパントラの蚤の市についてはもし良ければこちらをご覧ください。

実は、9月の末に映画を見に行った際にも同じ蚤の市を見てきました。
その際の写真がこちらです。

なんとなくですが、前回よりもほんの少しだけ秋っぽくなってきたようなそんな気がしてます。

南仏にいらっしゃる計画がありましたらぜひこちらの蚤の市が行われる期間に計画されてみられてはいかがでしょうか。
アジア人観光客もとても少なく、現地の人に混じって買っていると、南仏に住んでいるような気分も味わえるかと思います。

エクサンプロヴァンスの蚤の市の詳細まとめ
【開催日(2020年)】:2/9, 3/8, 4/19, 5/10, 6/7、8, 7/12, 8/9, 9/27, 10/11, 11/8
【開催時間】:8時半〜18時半(←この時間より早く終る可能性が特に秋から冬にかけては高いのでなるべく夕方前くらいまでにいらっしゃいますようお願いいたします!)
【入場料】:無料

詳しくはエクスの市のサイトを御覧くださいませ。↓注)2020年度版はまだ出ていないようです。載り次第こちらでもご案内しますね!
HPはこちら→https://www.aixenprovencetourism.com/fr/fiche/12267

そしてもしよければインスタグラムのアカウントもありますのでぜひフォローお待ちしています!




-Brocante(蚤の市), エクサンプロヴァンス
-

© 2020 カトル・セゾン