プロヴァンス地方

【ラ・シオタ〜南仏・プロヴァンスの港町〜】ラ・シオタのクリスマスマルシェに行ってきました

2020-12-21




フランスは12月15日にやっと外出制限が解除され、外出許可証を持たなくても自由に好きな場所に行くことができるようになりました。
ですが、まだレストランやバー、カフェなどの店内で食事をすることは禁止されています。

わたしも11月は4回ほどスーパーへ食材を買いに行く以外は外に出ない生活をしていたので、太陽を浴びたい!歩きたい!と切に願っていた夢がようやく叶いました!

そこで今回わたしたちは、クリスマスマルシェが行われている場所を探し、いくつか見つけたなかの1つであるラ・シオタ(La Ciotat)と言う場所にいってきました。
南仏の港町ということで夏に沢山の観光客が集まる街ですが、冬もにぎやかなのかな?と楽しみに行ってきました。
今回はそのラ・シオタについて紹介したいと思います。

ラ・シオタ(La Ciotat)とは?

ラ・シオタがあるのは、マルセイユの南東、オーバーニュ(Aubagne)の南です。
私の住むエクスと同じブッシュドローヌ県です。
以下の地図でもご覧ください。

ラ・シオタは湾の形が美しいことが有名な港町だそうです。
わたしは訪れたときは、東京湾に似ているなと言う印象でしたが、グーグルマップで見てみると、本当に似ている気がしました。

2019年には世界で一番美しい湾の形に選ばれたそう。
その記事を見つけたのでもしよければご覧ください。(フランス語です)
https://www.laciotat.com/actualite/1189-la-plus-belle-baie-du-monde-2019

ラ・シオタの街の公式ホームページはこちらです→公式ページはこちら

ラ・シオタは港町

ラ・シオタは港町です。
エクス=アン=プロヴァンスに住んでいますが、今まで港町に行ったことは実はあまりありません。

写真で見えるように小さい船が所狭しと止まっています。

こんなふうに港町を歩くのは初めて。
色んな船が見れて楽しかったです。
シンプルな船からどう見ても音響にこだわっているパーティー用の船やら色々ありました。
あんなふうに外にとめているのに高級そうな設備とかつけていて盗難が心配にはならないのかなぁと不思議でした。
何かしらのセキュリティを付けているのでしょうか?!

また行ったのがクリスマス前だったのでこんなのも・・・。

イエス・キリストの誕生を再現したクレッシュです。ラ・シオタらしい演出ですね。

ラ・シオタの街の様子

わたしたちが訪れたときはクリスマス前だったので、クリスマスらしい飾りをたくさん見ることができました。

街の中は私が想像していたよりもとても古い街並みで、建物をひとつひとつみるだけで歴史を感じられました。

このドアとか、すごく古そうですよね。。。

この噴水も。魚がついていますね。

わたしたちは今回ポワリュ通り(Rue des Poilus)沿いを歩いていました。
北から南まで通っている通りです。

こちら、北側の方は少し怖い雰囲気のところがありました。
移民の方々がやっているお店などもちょっとあってすこーし駆け足で歩きました。

南側の方へ行くとちょっとまた雰囲気が少し違って、もう少しおしゃれで入りやすそうなお店があってホッとしました。
下のところで紹介しているカフェや、こちらのお店みたいな感じのお店です。

あとこちらも素敵な雰囲気のお店でした。
この古い感じの佇まい、素敵です♡

どこもとても良くて写真撮りたくなってしまいますね。

少し路地を入ったところも素敵でした。

また、12月の中旬にこんな鮮やかな色のお花も!

南仏って感じですよね。

また、クリスマスっぽい場所も。

後ろにちょっと見えている教会とクリスマスツリーも良かったです。

最後に一番気になったカフェを・・・。

アルパカカフェ!アルパカさん大好きな私は写真を撮らずにいられませんでした。笑
猫カフェみたいにアルパカが店内にいたらいいな・・・。

ラ・シオタ、絶対再訪したいです!!

ラ・シオタのクリスマスマーケット

とても小さいクリスマスマーケットでしたが、これが目的で今回この街を訪れました。

ホットワインも飲みました。

意外とちゃんとしたクリスマスマルシェでした。

わたしたちが到着したのは平日のお昼すぎくらい。
そんなに混んではいませんでしたが、テント前で楽しそうに話す人々を何人か見かけました。
また、お昼ごはんを買って立ちながら食べている人なども。

インスタグラムのストーリーズにちょこっと流したのですが、音楽が少し残念でした。
フランスではあまりクリスマスソングが流れているイメージがないのですが、ラップっぽい曲が流れていて驚きました。笑

クリスマスマルシェを少し離れたところから見ましたが、なんだかちょっと不思議な感じですね。
海の近くにあるクリスマスマルシェ!今年はどこのも見ることができないと思っていたので、見ることができてよかったです。

ラ・シオタのおしゃれなカフェLe café de l’horloge

街の中を歩いていると外観がとっても素敵なカフェを見つけました。

Le café de l’horlogeというカフェです。

中で見つけたショップカードの裏にあった写真とともにこの写真を写しています。
ここ、昔は同じ名前でビストロだったそう。
同じ名前でお店をまだ続けているなんて、地元の人はうれしいでしょうね・・・。

中は本当に可愛いお店でした。

Emmaüs というリサイクルショップのようなところで扱っている古本を販売もしているそうです。
女子が好きそうなアンティークの食器も♡

こちらのお店、店内もとっても可愛いですが、頂いたケーキもとっても美味しかったです。

わたしたちが訪れたときは、パンデピス、レモン、チョコレートのケーキがあってわたしはパンデピスを。

すごーくしっとりしていて美味しかったです。
久しぶりにこういう手作りっぽいお菓子を食べたので嬉しかったです。

店内では食べれなかったので外で立っていただきました。

コーヒーとケーキを嬉しそうに持っている人(笑)
サイトを見たら他のケーキや食事もとっても美味しそうでした。
たまたま歩いたとはいえ嬉しすぎる偶然!また絶対再訪したいです。

【Le café de l’horloge】
住所:7 Rue Albert et Georges Arnoux, 13600 La Ciotat
電話番号:0033 4 42 83 00 43
お店のホームページ:https://www.lecafedelhorloge.fr/

ラ・シオタまでの行き方

ラ・シオタまではバスあるいは車で行くことができます。

バスでの行き方

ラ・シオタまではバスで行くことができます。


マルセイユから69番のバスで終点まで行くと到着できます。

バスの時刻表はこちら→69番のバスの時刻表のページに飛びます

わたしたちが停めた駐車場

今回車で訪れたので、駐車場に車を停めました。
わたしたちが停めた駐車場はこちらです。

こちらの駐車場は停めたあと、自分たちで機械でお金を払ってその紙を車の中の見えるところにおいておくシステムです。
わたしたちは3時間3ユーロを支払いました。

いくらクリスマスマルシェを行っているとはいえ、ずいぶんと混んでいました。
また、駐車場内はかなり狭いので駐車の際はお気をつけください!

写真は駐車場そばにあった美術館。

まとめ

ラ・シオタは、夏にとても人気のある観光地ですが、冬でもとっても素敵なところでした。
2021年にはぜひ夏も訪れてみたいと思っています!

今回、ラ・シオタを訪れてちょっとだけ気になったこと。
私の住むエクスや今まで訪れた観光地ではみんなマスクを着用して外出しているのが普通なのですが、こちらではマスクをしてないで外を歩いている人が殆どでかなり驚きました。さすがにお店の方はしていましたが、クリスマスマルシェまで行く途中にマスクをしている人は本当に少数でした。

やはり小さい街だとまだ危機感が少ないのかなぁと思ってしまいました。

そして、これはよく聞かれるんですが、アジア人の差別にあったことありませんかと聞かれますが、あったことありません!
わたしがフランス語が理解できていないから言っているのを聞き取れていなかった可能性もあるかもしれませんが、少なくともエクス近郊では一度もありません。
南仏の人は本当に優しいと思います。

youtubeはじめました!
月に数回フランス生活やフランス語、南仏の村などを紹介しています。
チャンネル登録ぜひよろしくおねがいします!
いつかライブもやってみたいと思っているので・・・・そして励みにもなるのでぜひよろしくおねがいします!

Youtube

quatre saisons Youtube

もチャンネル登録ぜひよろしくおねがいします!

Instagram(a propos de paysage et de voyage en France....)

@tofurabbit

フランスの旅や景色を載せているインスタグラムもぜひフォローお願いします




-プロヴァンス地方

© 2021 カトル・セゾン