カフェ パリ

【パリのオススメカフェBroken Biscuits】ケーキも美味しいおしゃれカフェ

2019-04-24




パリで美味しいカフェとコーヒーがいただける居心地のいいカフェ、Broken Biscuitsというカフェを是非紹介させてください。

Broken Biscuitsとは?簡単な歴史も紹介

Broken Biscuitesは、2ヵ所あって、下の地図に出ている方は、わたしが利用したことのある、席数がたくさんある店舗の方です。

この地区はカフェの激戦区で、他にも美味しく、居心地の良いカフェがたくさんあります。
また、近くの店舗はどこもライバル視する様子もなく、お互いのコーヒーショップを行き来したりしてすごく良い関係が築かれている様子も伺えます。

簡単な歴史

さて、Broken Biscuitsは、二人のカップル、イギリス人お菓子職人のクリスさんとアイルランド人のクリスチャンさんが、はじめたカフェで、2014年9月に、現在はBroken Biscuits Factory(コーヒーとケーキは持ち帰りのみ)として営業している店舗でふたりの挑戦が始まりました。

2018年から今回私が訪れた店舗での営業も始めたようで、実はBroken Biscuitsさんがもう一店舗こちらに店舗を持っていることを知らずたまたま近くの別のカフェが満席で諦めて帰ろうとしたところ見つけることができて、これは運命ではないかと勝手に思ってしまいました(笑)

注文したもの

朝ごはんを別のカフェで食べたばかりにもかかわらず、二人それぞれコーヒーにケーキまで頂いてしまいました。(笑)
わたしはキャロットケーキを、彼はバニラチーズケーキを。

ショーケースの中の写真を撮らさせてもらうのを忘れてしまいましたが、たくさんの種類のケーキがありました。わたしはバナナケーキと悩んでキャロットケーキに。彼はチーズケーキ好きなので即決でした。
コーヒーはBellevilleさんのものを使っているようでした。
他にもスコーンやブラウニーなどもあり、イギリスの焼き菓子を多く見かけました。
ですが、フランス生まれのケーキの用意ももちろんあります。私が選んでいたときはタルトも見かけました。

朝食にはグラノーラやランチ用にサンドイッチなどの用意もあるようです。

店内の様子

店内は日曜日のお昼前でしたが、私たち二人が座るくらいの席は残っていました。
お昼に近づくに連れて少しずつ店内は空いてきたような感じでした。
客層は様々でしたが、私達がいた時間帯は、英語を話す方を多く見かけました。
日本人の方も見かけました。

店内はそこまで広くありませんが、狭くならないようほどよい空間がありそれがちょうどよく、各テーブルには同じ色味のお花が飾ってあるのも店内を明るくしているのだなと思いました。

まとめ

特にスイーツ好きの方にはこちらのカフェをおすすめしたいです。
時間や時期にもよるかと思いますが、いつもたくさんのケーキがショーウィンドウに並べられて、選ぶのが楽しくなります。

また、パリのお洒落さんも集まってくるので、人間観察も楽しいのではないかなと思います。

ぜひパリへ行く機会がありましたらちょっとした休憩に利用されてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
Broken Biscuits Paris
住所:13 Avenue Parmentier 75007 Paris
HP: http://www.brokenbiscuits.fr
インスタグラム:broken_biscuits_paris
営業時間:月曜日・水曜日-金曜日 8:30- 18:00 土曜日・日曜日 10:00-18:00 火曜日 お休み

Broken Biscuits Factory(基本持ち帰りのみだそうです)
住所:10 Passage Rochebrune 75011 Paris
インスタグラム:broken_biscuits_factory
営業時間:木曜日〜日曜日 10:30-17:00

そしてもしよければインスタグラムのアカウントもありますのでぜひフォローお待ちしています!
ストーリーズでも旅したキロクやでかけた先での写真や動画をシェアしています。
皆様からのフォローやいいね、コメントが励みになっています。どうぞよろしくお願いいいたします。

Please Follow! my Instagram


フランス生活や旅先からの
写真をお届け中。
※この写真をクリック♪




-カフェ, パリ

© 2020 カトル・セゾン