エクサンプロヴァンス ガレットデロワ パティスリー プロヴァンス地方

【ガレットデロワ 2019年版】南仏エクス・アン・プロヴァンスでおすすめしたい3店舗

2020-01-02




2020年1月6日は公現祭です。公現祭ってご存知でしょうか?
まずは簡単に公現祭についての説明をさせてください。

【公現祭とは】

1月6日はEpiphanie(エピファニー)、日本語では「公現祭」と言われている日を
お祝いして食べるお菓子とされています。
ガレットデロワの中にフェーブ(フランス語で豆のこと。昔は乾いた豆を使っていたため、
現在でもこう呼ばれている)が一つはいっていて、それが切り分けたガレットデロワから
出てきた人は、王様(女王様)になれ、王冠をかぶってその日祝福をうけます。
フランスでは自宅だけでなく、学校や職場などでも行われるとても人気のある行事と
なっています。

2019年にわたしの住むエクサンプロヴァンス(エクス・アン・プロヴァンス、通称"エクス")でいただいた中でもおすすめだった3件をご紹介したいと思います。

Maison Weibel

1954年創業のエクスでもとても人気のあるパティスリーのひとつで、定休日がなく、ほとんど毎日やっているお店です。
店内にはサロン・ド・テがあって、ケーキなどいただくことができます。
すぐそばでマルシェをほぼ毎日午前中にやっているので人通りが多くいつも混んでいます。

こちらのお店では定番のフランジパンのガレットデロワを買いました。
包装もとても素敵な箱に入れてくれます。

正直お味はとても普通のガレットデロワ。
でも素敵な箱と、王冠を見てしまうとついつい欲しくなってしまいます(笑)

このときはわたしはガレットデロワを買いましたが、南仏では主流のブリオッシュ生地のものももちろん買うことができます。
でもいつも行くとガレットデロワは残り少ないのに、ブリオッシュの方はまだたくさん残っているんです。
いつかお店の人にその謎を聞いてみたいです。。。。

【店舗情報】
住所:2 rue Chabrier 13100 Aix en Provence
電話番号:04 42 23 33 21
営業時間:毎日 7:30-19:00
インスタグラム:@maison_weibel
ホームページ:http://www.maisonweibel.com/




BECHARD

エクスのメイン通りである、ミラボー通りにある1870年から続く老舗パティシエのBECHARD。南仏名物カリッソンで有名ですが、ケーキやチョコレートなども美味しいです。

こちらで頂いたのは、南仏名物ブリオッシュ・デ・ロワ。

中にはフリュイコンフィと言われるフルーツの砂糖漬けが載っているのですが、こちらのはそれが本当に美味しい。
この中のフリュイコンフィだけ食べてもいいくらい♡

こちらのお店では南仏のお店らしく、ブリオッシュ・デ・ロワがメインで、ガレットデロワを買うには前もっと予約してくださいとのことでした。
公現祭の日だと普通においてあるのかもしれませんが、私が買ったのはそれよりもあとの日だったからそのように言われたのかもしれません。

店内にはできたてのブリオッシュ・デ・ロワがたくさんありました・・・♡

また2020年も、絶対食べたいです。

【店舗情報】
住所:12 Cours Mirabeau 13100 Aix-en-Provence
電話番号:04 42 26 06 78
営業時間:火曜日-金曜日 8:00-19:00 土曜日8:00-20:00 日曜日・月曜日定休日
インスタグラム:@maisonbechard
ホームページ:https://maisonbechard.fr/

Au Pave du Roy

こちら、ごく普通のパン屋さんと言ったところなのですが、インスタグラムでマルセイユ在住のフーディーの方が、ここのガレットデロワを絶賛していたので、私も買ってみることにしました。

ふつうの包装です。
インスタグラムのストーリーズに載せいていたものなので、画質が悪くすみません。

気になるガレットデロワのお味ですが、これがやはり美味しいと言っていただけあってわたしにも好きなお味でした。

まだエクスでそんなにガレットデロワを食べたことがありませんが、ガレットデロワならここが今のところ一番です。

【店舗情報】
住所:9bis Cours d'Orbitelle 13100 Aix-en-Provence
電話番号:04 42 26 22 81
営業時間:火曜日-日曜日 7:00-20:00 月曜日定休日
インスタグラム:@aupaveduroy

南仏のガレットデロワのフェーブの謎

南仏のガレットデロワには、フェーブがなぜか2つはいっています。
はじめていただいたときとても驚きました。

これはmaison weibelさんのフェーブです。
はじめにマメの方を見つけてずいぶんクラッシクなフェーブだなと驚いたあと、可愛いほうが出てきてびっくりしました。

みなさんも南仏で食べられるときは、1つ目で安心せず、気合を入れて2つ目を探してくださいねっ!

まとめ

以上が2019年に頂いたガレットデロワでした。

エクスは小さい街ですが、パティシエやブーランジェリーはフランスなのでたくさんあります。
2020年の今年も美味しいガレットデロワを探していきたいと思います。
1月中はだいたいどこのお店もやっていると思うので、ぜひエクスへいらっしゃったら食べてみてくださいね。

また、インスタグラムでは、頂いたものをすぐアップしてシェアしています。
もしよければぜひフォローしてくださると嬉しいです。

皆様からのフォローやいいね、コメントが励みになっています。どうぞよろしくお願いいいたします。

Please Follow! my Instagram


フランス生活や旅先からの
写真をお届け中。
※この写真をクリック♪




-エクサンプロヴァンス, ガレットデロワ, パティスリー, プロヴァンス地方
-, , , , , , , ,

© 2020 カトル・セゾン