プロヴァンス地方

【リル・シュル・ラ・ソルグの蚤の市】年に2度行われる"Foire internationale antiques art & you"へ行ってきました

2019-08-17




l'isle sur la Sorgue(リル・シュル・ラ・ソルグ)ではイースターの時期と8月15日の祝日のときにFoire internationale antiques art & youという大規模なイベントが行われます。
ひとことで言ってしまうととても巨大な蚤の市が開かれます。
日程は1日だけでなく4日間ほど開催されます。

わたしは4月のイースターのときにも訪れてとても楽しかったので、今回も行ってみることにしました。

自宅のエクスからリルシュルラソルグまで

自宅のあるエクスからは車で高速道路を使って大体50分ほどで到着します。
うちの彼の朝の口癖は"あと10分寝かせて(しかも日本語)"なのでそんな寝起きの悪い人に怖くて運転を頼めないので、行きはわたしがだいたい運転しています。(笑)

駐車場にはいつもだいたい9時半前後くらいに到着しています。
わたしたちは基本的に朝ごはんは食べないで現地でいただくので、車を停めたらすぐに朝ごはんを頂きにいつものカフェに行きます。

大好きなJouvaudさんで朝ごはん

いつも行くカフェについては以前紹介させていただいたことのあるこちらの記事をもしよければご覧ください。

【南仏のブーランジェリー】南仏でオススメのカフェ・JOUVAUDで朝ごはん

フランスに滞在した場合、ホテルには朝食がついていないので、朝ごはんは近くのカフェですませたり、パン屋さんでパンを買って部屋でいただきたいなと思うかもしれません。 パリやストラスブール、リヨンなどでは大 ...

今回わたしたちが頂いた朝ごはんはこちら。
店内もイベントがあったからか時間帯によってはとても混み合っていました。

食事が終わったら蚤の市へ参戦します。

蚤の市の様子

日曜日にも蚤の市は開かれていますが、このイベントのときは、車道も車は進入禁止になり、道路まで広げてたくさんのテントが並びます。
その数の多さに、歩いているだけでワクワクしてしまいます。

Avenues des 4 otagesからAv.de la Libérationまでテントは続いており、Parc Municipal Gautierの公園内もたくさんの出店者さんで賑わいます。




公園の中の芝生の上でも各ブース、たくさん広げて展示したり商品を陳列したりしています。

ついつい誰かが見てるとそのお店に行きたくなってしまいますよね。

公園の中を囲うようにテントが並んでいます。

ただ、こちらプロの方がほとんど出店をされているので、お値段すこーしお高めです。
また、セットで販売したい人が多く、お皿を1枚や2枚単位では販売してもらえない可能性が高いです。
今回はかなり張り切って行きましたが、予算オーバーが多く、いくつか諦めてしまいましたが、自分用にひとつだけ購入しました。

すこーしずつ集めているカフェオレボウルの今回は大きめです。

この写真はイチジクが入っていますが、我が家ではどんぶりご飯に使うことが多いので、大きいサイズのものはとても重宝します。笑

蚤の市についての詳しい説明を書いた記事もありますのでもしよろしければご覧になってみてください。

リル・シュル・ラ・ソルグへのアヴィニョンから電車での行き方

こちらへは電車でいくことが可能です。

Avignon(アヴィニョン)やCavaillon(カヴァイヨン)からTERという電車が出ているのでそちらに乗っていくことができますが、例えばアヴィニョンからですとおおよそ2時間に1本くらいの割合で電車が出ています。約30分ほどで到着するようです。

☆星マークをつけてありますが、こちらの地図、小さくて見えないかと思いますので、電車の路線図をご覧になってみてください。

時刻表もあわせてご覧ください(フランス語です)

まとめ

次回は2020年のイースターの時期に行う予定です。
2020年のその時期が近くなりましたら、こちらでも日程お知らせさせていただきたいと思います。
コロナウイルスの感染拡大防止の為、2020年のイースター時期はキャンセルになりました。

とても楽しいイベントなので近くに南仏にいらっしゃるのでしたらぜひいらっしゃってみられてはいかがでしょうか。
インスタグラムの私のページでは動画も出していますのでもしよければぜひ見てみてくださいね!

そしてもしよければぜひフォローもお待ちしています!




-プロヴァンス地方
-

© 2020 カトル・セゾン