パリ ブーランジェリー

フランボワーズのクロワッサンが美味しくて印象的!なパリのブーランジェリー、BO & MIE




今年の9月にパリへ訪れた際に利用した、BO&MIEさんについて紹介させてください。

BO&MIEとは?

2017年の11月にパリのEcole Ferrandiという学校出身の二人のブーランジェリーによって作られました。
その一人である、トゥールーズ出身のJean-François Bandet氏は、パン屋さんになる前はIBMで働き、その後、自身で運動着の会社"Le Dragon bleu"を作った後、41歳のときに学校に通いはじめブーランジェリーの資格を取得、そしてBO&MIEをはじめました。

昔のフランスのブーランジェリーがそうであったように、すべての商品100%手作りで、良い商品を使った商品を作るよう心がけ、また店内の雰囲気はモダンで、居心地の良い空間を提供しようとしているそうです。

ショップのオープン当初からスタッフが8名と多く、パティシエやヴィエノワズリー専門のスタッフがすでにおり、何人かのスタッフは、ペニンシュラやシャングリラなどといった有名なホテルでの経験があるそう。

BO&MIEとは、c'est beau(BOと発音が同じ)や、c'est bon(美味しい)から来ている"BO"で、"MIE"はパンの柔らかい部分を表すフランス語で、その2つをかけ合わせてBO&MIEという名前のお店になったそうです。

何を注文したの。

わたしが行ったのはもう夕方過ぎていたので、あまりたくさんのパンが残っていませんでしたが、インスタなどで見かけて食べたいなと思っていたクロワッサンは見つけました!

それから、最後のひとつだった、マドレーヌもあわせて買いました。
その時接客を対応してくれた女の子が、マドレーヌはいい選択だわ、わたしも大好きなの!とにっこり微笑んでくれました。

これらは店内でいただかず、次の日の朝ごはん用にと家まで持ち帰りました。

私が買っていたときも、残り少ないにもかかわらず、他にも並んでいた方がいらっしゃったので、朝や、ランチタイムのときはもっと混むのかなぁと思いました。

また、日曜日の10時〜15時にはブランチも行っているそうです。
お値段は22.9€で、内容は以下のような感じみたいです。
(画像は公式HPからお借りしました)

とても美味しそうで、ボリュームも満点!
わたしもいつか頂いてみたなと思いました。

店内の様子

店内は割と広い作りになっています。

店内で食べることができる席が、パン屋さんの中にある席の割には意外とたくさんあるので、ちょっと小腹がすいたときに、パンとコーヒーだけ頼んで休憩したりするのにもとても便利そうです。

まだまだ新しいブーランジェリーですが、見た目も可愛く美味しいパンやおしゃれな店内に惹きつけられる人々がもっと増えていきそうな注目が高いブーランジェリーです。
ぜひパリへいらした際は行ってみられてはいかがでしょうか。

店舗情報

住所:18 Rue de Turbigo, 75002 Paris
電話番号:09 80 53 79 53
営業時間:月曜日〜土曜日 7:30〜20:00 日曜日 8:00〜19:00
HP:https://www.boetmie.com/
インスタグラム:@boetmie

そしてもしよければインスタグラムのアカウントもありますのでぜひフォローお待ちしています!


フランス生活や旅先からの
写真をお届け中。
※この写真をクリック♪




-パリ, ブーランジェリー
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 カトル・セゾン