パリ ブーランジェリー

ピスタチオのエスカルゴが美味しい♡パリのパン屋さん、Du Pain Et Des Idées




9月にパリへ行った際に、ランチで訪れたフランスで大人気のパン屋さん、"Du Pain et des Idées"について紹介させてください。

Du Pain et des Idéeとは?

パリのサンマルタン運河近くに位置するパン屋さんで、今年で51歳になるロレーヌ地方・サルグミンヌ出身のChristophe VASSEURさんによってはじめられました。

Christopheさんはパン屋さんになる前は、香港でフランス製のスカーフを販売する仕事を1997年までしていました。
その仕事をやめたあと、現在のDu Pain Et Des Idées がある場所に以前は別のパン屋さんがあり、そこで修行を積み、2002年に現在の店舗をオープン。1875年からパン屋さんとして続いているこちらの建物は、Christopheさんで4人目のオーナーだそうです。(4度目の正直?!)

Christopheさんはなるべくオーガニックのものを商品に使っていきたいと、小麦粉など多くの商品においてオーガニックのものを使用。また、できるだけ良いパンを作りたいと、パンづくりに集中するため、ケーキなどのパティスリーの商品は一切作らなかったり、パンはなるべく昔からの手法を使って作ったり、寝かせる時間を通常のパン屋さんより長くとったりとパン作りに対してのこだわりが強いです。

注文したことがあるもの。

わたしはチョコレートとピスタチオのエスカルゴを以前パリに住んでいたときから大体いつも注文しています。
そしてこちらのお店の看板商品ともなっています。

※この写真は2016年に撮ったものですが、現在は50サンチーム値上がりして、3,6eurosでした。

エスカルゴは他に、赤い実の入ったベリー系のものや、プラリネ入りのものもあります。

他にこちらのお店で看板商品となっているのが、ショソン・オ・ポム、ブリオッシュ(オレンジ)、パンデザミなどです。(とホームページに書かれていました)
パンデザミにおいては、日本で言う商標登録もされているそうで、こちらのDu Pain Et Des Idéesのオリジナル商品です。
パンデザミも一度頂いたことがあるのですが、とっても美味しいです♡
見た目はパンカンパーニュみたいなのですが、ポイントは48時間寝かせたあとしっかり焼くことだそうで、そのためか表面はちょっと焦げたような茶色い色をしています。

他にも沢山の種類がありますし、お店の方も親切に相談にのってくださるので安心してお買い物できると思います。

店内の様子

このアンティーク調の建物が美しいと外国人観光客には人気のスポットともなっているようです。
ちなみにこちらの建物は1875年に建てられたもの。

とても人気あるパン屋さんなので、時間帯関係なく列を作って並んでいる場合が多いです。

店のすぐ外にはパンを食べるスペースもあって、外国人観光客などでいつも混雑しています。

コーヒーも頼むことができるので、朝ごはんなどこちらで頂いてから、別の場所に観光に向かうのもいいなと思いました。

夏のバカンスの時期や年末、週末や祝日はお店はやっていませんが、平日は朝早くから割と遅くまで営業しているので、ぜひパリにいらした際はこちらに寄られてみられてはいかがでしょうか。
天気のいい日はちかくのサンマルタン運河沿いで楽しそうに友人たちと食べているパリジェンヌなども見かけますよ。

店舗情報

住所:34 RUE YVES TOUDIC 75010 PARIS
電話番号:01 42 40 44 52
営業時間:月曜日〜金曜日6:45〜19:30 定休日:土曜日・日曜日(週末)・祝日
※夏季に長期休暇を取るようです。
HP:https://dupainetdesidees.com/
インスタグラム:@dupainetdesidees

そしてもしよければインスタグラムのアカウントもありますのでぜひフォローお待ちしています!


フランス生活や旅先からの
写真をお届け中。
※この写真をクリック♪




-パリ, ブーランジェリー
-, , , , , , , , , ,

© 2020 カトル・セゾン