フランスの最も美しい村 プロヴァンス地方

【フランスの最も美しい村のひとつ・ゴルドを観光(Gordes)】南仏の美しい村のゴルドのおすすめ観光場所をご紹介




南仏・プロヴァンスにあるフランスの最も美しい村のひとつであるゴルド(Gordes)について今回はご紹介させてください。
毎年、世界中から沢山の観光客が訪れる大変人気のある南仏の観光地のひとつです。
南仏には色々な村がありますが、人気だけでいうとゴルドがベスト3には入るのではないかなと思っています。

2006年にアメリカで映画化された、ピーター・メイル氏の「プロヴァンスの贈りもの(A Good Year)」の舞台ともなった村です。

フランスの最も美しい村についてはこちらの記事もご覧ください。

【フランスの最も美しい村とは?】概要と美しい村の調べ方、過去30ヵ所以上訪れた村々もご紹介します!2020年最新版

Les plus beaux villages de France(フランスの最も美しい村)と呼ばれている村がフランス国内に点在しています。 この村についてはフランスだけでなく、近隣ヨーロッパやもちろ ...

ゴルドについて。簡単な歴史も紹介

ゴルドのある場所は以下のばしょになります。

私はだいたい車で行きますが、行く場合は日曜日で、朝はリル・シュル・ラ・ソルグで朝ごはんを食べて蚤の市へ行ったあとにか大体行くのでお昼前くらいに行きます。
そこから車で20分ほどでいくことができます。

この看板が見えてくるともうすぐかな♪とワクワクしますよね。

またセナンク修道院が割と近くにあるので、車利用の場合はそちらとセットで行く方が多いです。

なんといってもゴルドはこの鷲の巣のような形をした外観が印象的です。

この形は自然にできたものではなく、住民たちが家を建てたり、村の中を人が住めるように変えていくために石を削ったりしてできたものだそうです。

まさかその時は将来こんなに有名な観光場所になるだなんて思ってもいなかったでしょうね!

ゴルドのおすすめ観光

ゴルドはそこまで大きな村ではないので、数時間もあればじゅうぶん村の中をまわれてしまいます。
下記でそれぞれわたしのおすすめをご紹介させてください。

ゴルドのオフィシャルサイトはこちらです。
https://www.gordes-village.com/

ゴルドの城

ゴルドのお城は1031年からありましたが、1535年に再建築されました。

ゴルドのお城は展示室のようになっています。入るための料金は5ユーロです。
わたしは一度中に入ったことがありますが、展示よりも建物がとても素敵で見入ってしまいました。
デザインがひとつひとつ繊細で、美しく、上まで登っていく螺旋階段も歴史を感じました。

この古い建物を残しておくのはさぞ大変なんだろうなと思いました。

ただ写真が全然なくてすいません。

ゴルドの教会"Eglise Saint-Firmin"

ゴルドの教会、Eglise Saint-Firminはお城のすぐ近くにあります。

この教会は1859年にできたもので、完成までに4年もかかったそう。
教会は以前もあったそうですが、それはとても小さかったためこちらを建てたそう。
内装は木製で壁にはカラフルな色使いが素敵な教会です。

これをぱっと見たとき、こういった色づかいの教会を見たことがないなと思いました。

この横側のブルーもとってもきれいですね。

実はこの教会へ一度しか入ったことがありません。
いつも行くと運悪く閉まっていました。

この写真は2019年9月に撮ったものです。

街歩き

ゴルドは路地が多く、たくさんの写真スポットがあります。

どの路地も素敵でついついカメラを向けたくなります。

わたしは夏は混んでいるのであまり行きませんが、秋になると紅葉が大変美しく、ここ数年は毎年訪れています。
観光客もかなり少なくなるのでおすすめです。

私が写っている写真で恐縮ですが、紅葉と私の着ているカーデガンがあっている気がしてとても気に入っている一枚です。

歩いていると素敵な風景に出会えるので、やはり楽しいですね!

マルシェは毎週火曜日の午前中に開催

マルシェは毎週火曜日の午前中に開かれています。
こちらは近いうちレポに行く予定ですので、行ったらまたこちらにてご紹介しますね。

ゴルドのオススメレストランLa Bastide de Pierres

ゴルドでレストランは何件か行ったことがありますが、おすすめのレストランは、La Bastide de Pierresというレストランです。
ここはとても気に入っていて2度入ったことがあります。

南仏らしい雰囲気と、アンティークのお皿で運んできてくれるので、どのお皿が来るのかなぁと古物好きなわたしにはワクワクできるとても嬉しいお店です。

もしよければ行った際の記事があるので、ご覧ください。

【南仏・ゴルドのおすすめレストラン】アンティーク好きにおすすめしたいイタリアンレストラン・La Bastide de Pierres

南仏の最も美しい村のひとつ・ゴルド。 毎年世界中から沢山の観光客が訪れる大変人気の観光地です。 わたしも大好きな場所で10回以上訪れたことがあります。 今回はゴルドでわたしが2度以上利用しているお気に ...

ゴルドの全体像を撮るならここ!南仏在住者が教えるゴルドの絶景を独り占めできる写真スポット

車で行くならぜったいオススメしたい場所をこっそりご紹介します。

車で行くと必ず通ると思いますが、どこから入るのだろ?と思うと通り過ぎてしまう駐車場があります。
ここ、外国人観光客を載せた大きなバスが夏などには混み合ってます。
特に中国系の方は、ここで写真だけ撮ってその後セナンク修道院へラベンダーを見にいいくと友人が言っていました。

グーグルマップでは住所を調べることができなかったのですが、ここです。

赤い矢印がしてあるところが細い道になっているのでそこを通って丸がしてある方へ行くと駐車場になっています。
この駐車場は、駐車というよりも少し長めの停車(停車とは日本だと5 分ほどのみ)が認められているといった感じでしょうか。混んでいるときは管理している人がいる場合もあるのでレッカーなどされないようにお気をつけください!

ただ、秋や冬などの閑散期はあまり駐車する人もおらずわたしたちは30分くらい停めたりしています。
上の地図のベル・エール通りというところを下っていくとこんな写真も撮れます。

素敵な風景が独り占め・・・な体験ができます。
ただ、停めた車を気にしながらご覧くださいね。
車の中の見えるところに貴重品は置かないようにお気をつけください!

ここを下まで下っていくと村の中に入っていく道もあるので、時間があるなら村の方からここまで歩いてきて写真を撮るのもいいですね!
そのほうが車の心配をしなくてもいいと思います。

view pointと、中国語でも説明されている場所も素敵な写真がもちろん撮れますよ!
ただ、車を停める場所がまわりにはないですので、ちょっと停めて写真を撮ってすぐ戻るという感じになりますね。

以下、私が撮ったそのポイントからの季節ごとの写真です。

まずは春。
このピンクの花が咲く時期は短いので南仏在住の写真仲間に今いい時期だよ!と教えてもらって撮りに行きました。

秋。ちょっと位置が微妙ですがこれもとても気に入っている写真です。

いつか朝日と夕暮れどきを撮りに行きたいと思って計画していますが、なかなか予定が合わずまだ行けていません。
今年は行けたらいいなと思っています!

ゴルドへの行き方

ゴルドへはバスあるいは車で行くことができます。
下記にてそれぞれ説明していきます。

バスでの行き方

ゴルドへはバスは17番というバスのみ通っています。
また、月曜日から金曜日までの1日1本のみです。

アプト(Apt)からカヴァイヨン(Cavaillon)まで通っているバスです。
アプトから出発する場合は朝7時台なので、アプトに前日から泊まって、ゴルドまで行き、カヴァイヨン行きが13時半ごろなので、それに乗ってカヴァイヨンまで戻る。。。などというやり方もできると思います。

バスの時刻コチラからご覧いただけます。

1日バスが1本しか来ないというのはリスクがあります。
天候が悪かったりなどがあるとバスが遅れたりする場合もあるので、念の為タクシーで行くことも視野に入れたり、現地ツアーを利用したりと考えるのがいいかもしれません。

あまり予定を詰めすぎの旅行計画は南仏のたびにはあまり向きません。特にこのような田舎の場合は。
時間に余裕を持って計画をたてられるようにお願いします!

車での行き方

駐車場は村の中には私は1か所しか知らないのでいつもそこでいれています。

夏の混む時期は駐車場待ちをしています。
また、駐車場に入る前に係の人がいてそこで現金で支払いますが、11月などの閑散期は駐車場の料金を支払う機械があるのでそこで買います。
確か3ユーロくらいだったと思います。

Route de Mursの方から入ります。

まとめ

今回は、フランスの最も美しい村のひとつであるゴルドについてご紹介させていただきました。
南仏へいらしたらぜひ訪れてほしい村のひとつです。
少し行くのが難しい場所にありますが、苦労していった分、この絶景を見れば疲れも吹っ飛ぶと思います。

南仏の村については他にもご紹介していますのでもしよければぜひご覧ください。

https://quatresaisons.eu/category/france/provence/

また、わたしはフランスの最も美しい村を訪ねる旅をしています。
今回ご紹介したルールマランもそのひとつです。

公式ガイドブックの英語版のほうですと日本のアマゾンでも取り扱いがありました。
最新版が2020年9月1日に発売されました。

とても詳しくのっていますし眺めるだけでもとても楽しいです♪ぜひご覧になられてみてはいかがでしょうか。
少し重たいので、ネットで購入することをオススメします。

フランス語版はアマゾンフランスでしか取り扱いがないようでした。


またもう1つがこちらの地図です。
いまだにアナログ人間なので、Google mapよりも地図を見ると落ち着きます(笑)
こちらはフランスでは定番のミシュランの地図で、フランスの最も美しい村が記されているバージョンの地図です。
もし将来車でフランスの田舎を回ろうとお考えの方がいらっしゃるのであればこの地図はとても役立つと思います!

本や地図を見ながら次の目的地を探してみてはいかがでしょうか。

そしてもしよければインスタグラムのアカウントもありますのでぜひフォローお待ちしています!
ストーリーズでも旅したキロクやでかけた先での写真や動画をシェアしています。
皆様からのフォローやいいね、コメントが励みになっています。どうぞよろしくお願いいいたします。

Please Follow! my Instagram


フランス生活や旅先からの
写真をお届け中。
※この写真をクリック♪




-フランスの最も美しい村, プロヴァンス地方

© 2020 カトル・セゾン